会社概要
編集長からの挨拶
  • 編集長からのご挨拶/2006
  • 編集長からの挨拶/2004
  • 今年の主な事業・企画/2004
  • よく『なぜアメ★ドリを創刊したのか?』を聞かれる/2003
  • 希望と貯蓄の年/2003
  • 元気があればなんでもできる!/2003
  • 会社にぶらさがるな/2003
  • 9・11スペシャル号/2002
  • 発刊4周年を迎えて 
  • アメリカン・ドリーム紙発刊4周年に際して / 櫻井本篤・ ニューヨーク領事館大使
  • 発刊4周年、異業種交流会40回の節目にあたり / アメ★ドリ編集長
  • バックナンバー
         
     
     
     
     
     
     
     
    よく『なぜアメ★ドリを創刊したのか?』を聞かれる/2003

    15年前に僕は夢を求めて海を渡った。日本では落ちこぼれの烙印を押されリベンジを誓ってのことだ。寝ずにバイク便でお金を稼ぎ全く英語も話すことができなかった。サウスカロライナ大学を卒業し、手持ちのわずかな資金で95年に独立起業をはたした。当時二六歳。若さにまかせて勢いに任せてがんばった。いくつかのアイディアもあたり数億になる巨額の投資を集め、ビジネスは順風満帆だった。しかし、2000年の暮れよりITバブルの崩壊してから雲行きがおかしくなった。そして、9.11.とどめをさされた。多大の負債を残し、たくさんの方々に迷惑をかけてしまった。僕にとっては負債よりも精神的なダメージの方が大きかった。一生懸命に築いてきたものが一瞬にして消えていく。破壊は一瞬であった。自分自身を見つめるためにアメリカ大陸横断の旅にもでた。成功の証だった高級車は事務所の家賃に消えた。取引先も冷たくなり、自己破産まで考えた。踏みとどまれたのは、ニューヨークで出会った人たちのお陰だ。同じように夢を持ってアメリカに渡り、自力でビジネスを切り開いてきた「新日系人」たちが、テロの混乱の中、奮闘をしていた。マンハッタンは死なないを復興の合言葉に結束を固めて頑張った。

     前置きが長くなったが、そんな中アメ★ドリの創刊を誓った。NYのために何かがしたい。NYに住む日本人のために何かがしたい。頑張る日本人を応援したい。商業的なフリーペーパーが乱雑するなかで、日系コミュニティーの情報交換の場、ひときわ「人」に焦点をあてた。また、次の災難があったときに助け合いたい。役にたちたい。僕の拙著「グラウンド・ゼロ(扶桑社刊)」にも書いたが、あの9・11の時、日系子ニュニティーとして災害に関して新日系人としてなすすべがなかった。まだまだ理想ではあるが、そのためにも広告スポンサー、読者の強いサポートを必要とします。アメ★ドリ主催の異業種交流会もそんななか発足をした。

     最後になるが、こんなわがままな弊誌をここまで支えてくれたHISさんをはじめたくさんの広告スポンサーへ心からお礼をいいたい。フリーペーパーはスポンサー企業でなりたっています。また、いつ倒産してもおかしくなかった当社を支えてくえた社員、インターン生に感謝をしたい。ありがとう。

    これからもアメ★ドリは日系コミュニティー活性化のため、頑張る日本人を応援できるフリーペーパーとしてがんばります。

     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    [HOME] [会社概要] [Contact Us] ©Since 1995 American Dream Publishing. All rights reserved