会社概要
編集長からの挨拶
  • 編集長からのご挨拶/2006
  • 編集長からの挨拶/2004
  • 今年の主な事業・企画/2004
  • よく『なぜアメ★ドリを創刊したのか?』を聞かれる/2003
  • 希望と貯蓄の年/2003
  • 元気があればなんでもできる!/2003
  • 会社にぶらさがるな/2003
  • 9・11スペシャル号/2002
  • 発刊4周年を迎えて 
  • アメリカン・ドリーム紙発刊4周年に際して / 櫻井本篤・ ニューヨーク領事館大使
  • 発刊4周年、異業種交流会40回の節目にあたり / アメ★ドリ編集長
  • バックナンバー
         
     
     
     
     
     
     
     
    会社にぶらさがるな/2003

    NYで生活するのは本当に大変だよ。自由で豊かな生活を描いて渡米しても、いざ生活してい見るとなかなか思い通りにはいかない。せっかくアメリカに来て仕事に就いたのに、なんでこんな安い給料で一日中コキ使われるんだろうと疑問に思っているキミ。こんなことなら日本で働いていたほうがマシだなんて思っていないかい?
    でもよく考えてみてよ。そもそも何でアメリカに来たの?金を稼ぐため?何かもっと別の夢を持ってアメリカに来たんでしょ。それなら最低限の生活ができれば十分じゃない。そもそも日本人の労働力なんて、このアメリカでは必要ないんだよ。会社にビザをサポートしてもらって、アメリカで安定した生活を送れる事、まずはそのことに感謝しなきゃ。生活さえ出来れば、あとは夢をつかむも諦めるも自分次第。目先の生活に振り回されて、本来の目的を見失っちゃもったいないよ。
    アメリカで暮らすということは、お金では換えられない色々なことを経験すること。アメリカにきてまで会社にぶらさがるのはやめようよ。俺だって15年前、アメリカに裸一貫できた。コーラ1本買うの我慢するほどの超ビンボー生活だった。でも辛くはなかったよ。こがねを持って平平凡凡と日本で暮らすよりも、夢を追い続けられることに喜びをおぼえたよ。なんーてカッコイイこと言っているけど、今はまた貧乏になってインターン生にコーヒーをおごってもらっているんだけどね(苦笑)。お金お金というよりもじっくりアメリカで力をつけようよ。金なんか、実力がつけば後でいくらでも稼げるんだから大丈夫、焦るなよ。

     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    [HOME] [会社概要] [Contact Us] ©Since 1995 American Dream Publishing. All rights reserved